teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


俺が死んだら世界滅びてもいいよ

 投稿者:いっしゅう  投稿日:2017年 4月26日(水)13時09分2秒
編集済
   つまり、本来的な需給調整が図られれば、高級な人材は高賃金・好待遇を受けられ、低級な人材は掃き溜めに行くと。で、高級な人材を集められた会社(業種)はより高い生産性と発展を目指し、そうでないゴミを集めた会社はそのままと。
 いつも通りだな。とりあえず発展する業種に投資すればいいんだろ?
 マルクス主義者はアレなイメージしかないけど、マルクス本人はほんとキレッキレやなw

 規模が縮小してもパイの取り合い(周辺から中央への移動)によって旨味を得ることができるならそれで良いよ。世界的に人口構成が逆三角形になることが確定的に明らかなら、それを織込んだ戦術をとれって話だよね。

 
 

我が亡き後に洪水よ来たれ

 投稿者:この道の者  投稿日:2017年 4月26日(水)12時08分7秒
編集済
  >市場の縮小とは別に、市場内で要求されるスキルが技術の進歩などでどんどん変わっていって、今いる人材だけでは結局人手不足になる

   私もそんな気がします。素人考えながら少なくとも日本については、労働力が不足する業種と過剰となる業種とへ二極化する度合いがますます高まるのではないでしょうか。技術革新が継続して求められる業種では高度なスキルを持つ人材が慢性的に不足するが、一方で業態的に技術革新から縁遠い業種(一般に労働生産性が低い)では常に労働力過剰となり、教育改革・就業プログラム等による不均衡の是正が今後の行政の課題になるのではないかと(既になっているのかな?)。


>人材育成に手ぇ抜いて、手っ取り早く即戦力を奪い合う


◆◆◆

…経験から資本家一般が知っていることは、いつでも過剰人口があること、すなわち資本の当面の増殖欲求に比較して、過剰な人口があることである。……資本が、将来の人類の頽廃や、結局はどうしても止めることのできない人口減少を予想して、その実際の運動を制約するかどうかは、起こりうべき地球の太陽への墜落によって、制約するかどうかと同じである。すべて株式投機では、いつかは雷が落ちるに違いないとは知っていても、自分は黄金の雨を受け集めて、安全な場所へ運んでしまってから、雷は隣人の頭にあたるということが、誰しもが望むところである。後は野となれ山となれ[=我が亡き後に洪水よ来たれ]!これがすべての資本家と、すべての資本家国民の標語である。…

(『資本論』第一巻 第三篇 第八章 第五節より・向坂逸郎訳)

◆◆◆

…やっぱりマルクスの洞察力は凄ぇわw。
 

移民難民に労働と教育の機会を与えずに

 投稿者:cosmos  投稿日:2017年 4月25日(火)23時43分58秒
  最初から高性能なのだけ欲しいというのは何とも虫の良い話ですよねぇ…


>労働人口が減って人手不足になるっていうけど
 多分、「需要とスキルのミスマッチ」っていうのも計算に入れてるんじゃないかと。
 市場の縮小とは別に、市場内で要求されるスキルが技術の進歩などでどんどん変わっていって、今いる人材だけでは結局人手不足になる…って事では?
 んで人材育成に手ぇ抜いて、手っ取り早く即戦力を奪い合う…みたいな?


 元の才能の事までは知らんが、移民だろうが難民だろうが育てりゃ使い物になるでしょ。それが出来てないのは政策の不備に他ならないのではないでしょうか。


>アメリカとトランプと
 ご期待に沿えるか分からないですが、今週のスーパープレゼンテーションの内容はこれ↓。

 America's forgotten working class
 アメリカの忘れられた労働者階級
http://www.nhk.or.jp/superpresentation/pastprogram/170427.html
 

でも本当に欲しいのは高性能な移民

 投稿者:いっしゅう  投稿日:2017年 4月25日(火)19時48分19秒
   であって、底辺移民は要らないんでしょww

 ん~どうもピンとこないんだけど、労働人口が減って人手不足になるっていうけど、世界人口も減るんじゃないの? そしたら需要自体減らね? 人類(資本主義)が縮小していくんだから争奪戦のイメージわかないんだよね。
 世界人口の減少率と日本の減少率を比較して、日本の減少率が半端なくて一種の機会損失が出るからもっと労働力確保して儲けたいって話?
 

仏も長期的に考えた場合「移民反対」などとやっている場合ではないのかもしれない

 投稿者:この道の者  投稿日:2017年 4月25日(火)11時47分30秒
  >移民の問題もあるけど、根っこは資本主義(経済システム)が関わってますよね 

   資本主義といえば欠かせないのが働き手(労働力)。以下のサイト記事が興味深い(↓)。


   ライナー・ストラック「2030年、ロボットと人間の需要が入れ替わる–世界的な労働人口危機に生き残る人材の条件とは?」(TED2014年公開・logmiによる書き起こし)
   http://logmi.jp/55136


   うろ覚えですが、先日読んだジョージ・フリードマン著『100年予測』(早川書房2009)にも、「数十年後には世界規模で少子高齢化と労働者不足とが深刻となり、国家間で労働力確保に向けた外国人移民の争奪戦が始まるだろう(武力行使含む)。」といった主旨の文章がありました。上のサイトのデータを見る限り強ち的外れな見解でもなさそうですね。

   まぁ移民流入を極度に嫌う日本の場合は、配偶者特別控除を廃止するだの年金受給開始年齢を引き上げるだのして、パートで働く主婦や引退間際の高齢者も強制的に労働力市場に送り込むことで危機に対処しようとするんでしょうけれどねー。「一億総活躍社会」なる美名の下に(毒)。


>現在はむしろ民衆がそうした指導者や組織を求めている

   映画『帰ってきたヒトラー』のヤマ場のセリフには、まさに御大が言及された「時代の気分」が反映されているように思いますね(↓)。

◆◆◆

  「(銃を突きつけながら)歩け。歴史は繰り返すものだ。また大衆を煽動する気か。」

  「ザヴァツキ。分かっとらん。1933年の当時大衆が煽動された訳では無い。彼らは計画を明示した者を指導者に選んだ。私を選んだのだ。」

  「怪物め。」

  「私が? なら怪物を選んだ者を責めるんだな。選んだ者達は普通の人間だ。優れた人物を選んで、国の命運を託したのさ。どうする?選挙を禁止するか?」

  「いや、あんたを止める。」

  「なぜ人々が私に従うのか、考えたことはあるか?彼らの本質は私と同じだ。価値観も同じ。私を撃てるか?…… 私から逃れられん。私は人々の一部なのだ。良いこともあった。」
 

これがガンダム!悪魔の力よ!

 投稿者:cosmos  投稿日:2017年 4月25日(火)03時07分44秒
   アクシズ押し返すガンダムの目撃者の一人の台詞(公式)。
 善意の塊みたいな光と奇跡でも、俯瞰すればどうとでも歪められるという一例ですね。

>ガンダムで言うとスイーツ=サイコフレーム
 成る程。つまりこの場合人間がMSに該当する訳で、その事を説明する為にはサイコフレーム即ちサイコミュシステムの概念と需要について語らねばなるまい。
 概念と需要としては古くは一年戦争末期に導入された、マグネットコーティングの概念にまで遡る事になる。マグネットコーティングをMSの関節に施すという事は、関節のパーツ間の摩擦力の軽減による関節駆動の高速化を目的としている。これによりパイロットのインプットに対するアウトプットにまでかかる時間が幾らばかりか短縮され、常人離れした反射神経を有するパイロットの操縦に応える事が可能とされた。このインプット、アウトプット間のタイムラグによる性能の変化を追従性と呼び今日までのMSの課題の一つになっている訳だが、その改善の為にパイロットの脳波を検知しMSの挙動にフィードバックさせ、追従性を向上させる事がサイコミュの目的の一つである。
 つまりMSにとってのサイコミュとは「あれば便利だが無くても困らない」程度の物であり、且つその効果は補佐的で地味。この点においてサイコミュをスイーツとした場合のMSは人間であると言えよう。
 そしてそれは一部で観測されている例外的現象に於いても同様であると言える。それらの現象に於いてもサイコミュはあくまで脳波、又はそれに類する何物かを受信しアウトプットしているに過ぎず、サイコミュその物に劇的な性能の向上や異質な性能の変化は存在しない。
 にも拘らず例外的現象の再現を求めMSの大半をサイコミュで構成する等というコンセプトは、例外的現象の本質から外れていると言わざるをえず、キラキラルの向上の為にスイーツの技術的完成度を高めるという愚に等しい。
 以上からキラキラルとはサイコミュが受信する脳波、又はそれに類する何物かに該当するものによって発生すると考えられ、スイーツが受信しているものの追求こそがキラキラルの正体に近付く手掛かりと言えよう。
 つまり…

 キラキラルとはスイーツが受信したイデの無限力だったんだよ!!

(参考文献 長谷川裕一著 逆襲のギガンテス)
 

イケメンは振るもの

 投稿者:いっしゅう  投稿日:2017年 4月24日(月)17時56分18秒
編集済
   颯爽と現れたキリヤを軽くスルーしたほのかさんのブレなさ。


 敵が転校してくるパターンは今までもありましたが、彼らの狙いってプリキュア打倒でしたよね。そこにきて今回はいちか本人ってのが面白いですね。しかも妨害するどころかスイーツ作ってもらいたいっていう。身近にいて闇討ちしない理由にもなるし、プリキュア主体ではなくいちか主体っていうのも最近のプリキュア文脈に添いますね。


>キラキラル
 ガンダムで言うとスイーツ=サイコフレーム。


>キュアラブリー
 好きか嫌いかで言えば、特にないですね。
 シリーズ的な文脈で言えば、唯一無二の存在になりますが。


>人よどうか正解されたい
 アカン、これ試されてるwww
 やっぱパイプ椅子のこと根に持っちゃったかー。


>帰ってきたヒトラー
 ただのギャグ映画だと思ってスルーしてたわw
 ヒトラーがいた時代と現在が違うのは、かつては一部の勢力が恣意的に政権を取った(日本も軍部が独走する余地があった)のに対して、現在はむしろ民衆がそうした指導者や組織を求めていることですね。トランプさんだって本人やる気なかったでしょ?w それが何の因果かああなっちゃって。担ぎ上げられたっていうのか。移民の問題もあるけど、根っこは資本主義(経済システム)が関わってますよね。
 

「筑波洋」「沖和也」ときて「剣鉄也」とかwww

 投稿者:cosmos  投稿日:2017年 4月24日(月)02時40分34秒
  そこは村雨良じゃねーのかよwww


>プリキュアにならないのだとしたらどう決着をつけるつもりなんでしょうね
 目のでっかい星とかダンディー化した長老と似てるし妖精になるんじゃね?丁度目の色が同じ奴がOPに出て来てるし…とか思ってたら
>そういえばOPに出ているもう一人の妖精いつ登場するんでしょうね~(棒)
 …流石は安定と信頼の六畳半…御見逸れいたしました…m(__)m


 つか、彼が使ってた剣、よく見たらカップケーキから刃が生えてるんですねww今後毎回スイーツモチーフの武器とか出て来るのか知らん?


 前々から思ってたけどキラキラルって何なんでしょうね?スイーツに宿るがスイーツではない。人の体内で量質共に向上するが、人から生まれる物でもなさそう…
 「実験」という口ぶりからしてジュリオも実はよく分かって無いんじゃないかって気がしてます。
 これが「夢」とか「魔法」とかだったら、何が起こっているのか大体推し量れなくもないのですが…

 そういうのもあって、敵味方が塩を送り合うズブズブ感以上に、今後の展開が読めないんですよねぇ…
 

ようやくキリヤ君の後継者現る

 投稿者:この道の者  投稿日:2017年 4月23日(日)20時20分38秒
編集済
     いきなり味方になるフラグが満載w。とはいえジュリオっていう名前からして男性名だし、プリキュアにならないのだとしたらどう決着をつけるつもりなんでしょうね…うーん、キラパティの商売敵として出店する、とか(笑)?


>座古演出


   プリキュアのSDとしては『フレッシュ』の後半を担当されたことがありましたが、年間を通じては確かまだ無かったはずですね。個人的には一度やって頂きたいものだと思っています。


>山中恒 / 山中典子共著『書かれなかった戦争論』勁草書房発売・辺境社発行2000

   なぜ日本軍は当時の中国(中華民国)の首都である南京を占領したにも拘わらず、蔣介石を降伏させられなかったのか?…成程ね、山本氏も言及していた通り、要は軍事面では勝利しても経済戦争では大敗していた、結局は中国の幣制改革の後ろ盾となった米英に資金面で到底太刀打ちできなかったってことが一因なのね。当時等しく世界恐慌の後遺症に苦しみ、海外資源の獲得に本気を出していた米英と真っ向から利害が衝突したのが「持たざる国」日本の悲劇だったってことで。

   板谷敏彦著『日露戦争、資金調達の戦い』とか上念司著『経済で読み解く明治維新』同様、経済という補助線を引くことで、「あの戦争」への理解がより深く立体的になった気がします。

   先日円盤で『帰ってきたヒトラー』(原作ティムール・ヴェルメシュ/監督・脚本デヴィッド・ヴェンド)を視聴しました。原作はヒトラーの出オチ→終盤でグダグダ、なので映画ではどう処理するつもりなのかなと思っていたんですが、ゲリラ撮影を取り入れるなどして上手く変化を持たせていましたね。「ヒトラーというアイコン」は今だ世界規模で健在だと改めて実感。仮装した人物を一人配置しておくだけで、市井の誰しもが何かしら一席ぶちたがるようです(↓)。

   Real Sound:ヒトラーの格好にドイツ市民はどう反応したか?『帰ってきたヒトラー』主演俳優インタビュー
   http://realsound.jp/movie/2016/06/post-2024.html

   間近に控えた仏大統領選でも移民の大規模流入に反対する極右勢力が大きく票を伸ばしている昨今、目下欧州ではチョビ髭オジサン待望論がかなりの現実味を帯びて受け止められているようです。


>『正解するカド』3話
>無限の電力供給の申し出

   妬みに駆られた諸外国からの一斉攻撃を受けるか、無限のエネルギーで地球上の限りある資源を枯渇させるか、いずれにしても今のところバッドエンドしか見えない(苦笑)。
 

今更ですが

 投稿者:剣岳の頂きに君臨するパンの耳  投稿日:2017年 4月23日(日)16時31分7秒
  キュアラブリーは好きですか?
私は控えめに言って相棒です
 

レンタル掲示板
/665